お知らせ  可愛い心講座  作成中 お楽しみに

インストラクター2日目withわっしー

施術相手の身体を
風船だと思うとうまくいくよーっ

施術に慣れてきたら
頭を球体
上半身を、下が細い風船だと意識してそれに近づける

皮膚、筋肉、骨
どこに触ってるか、なんとなく意識

□耳たぶ回し
 指の側面でえいふうに触れる
 指パッチンの要領で少しずらす
 
□腕回し
 尺骨と母指球でテコの原理
 そりごちになりがち
 &背もたれに座っちゃう
 座骨で座る おしりフリフリダンス
 

□エラの内側(筋肉 強いて言えば腱紡錘)
 トントン下に向かって
 ちょー優しく。全方向に波紋が広がるように

□5LINE(筋肉)
 手全部を使う、ベターっとつける

□スーパーリフトアップ(皮膚)

・目尻を開きたいから
 側頭筋を後頭部に向かって開く
・生え際にふれる とめたいから
 (髪の毛だとズレるけど皮膚は止まるから)
・エラの下に皮膚を入れ込む
 目の下の皮膚が下がる位置まで
 (シーツをベッドのヘリに引っ掛けるイメージ)
 ↑そこを押さえてた手をずらして
 もう一方の手でとめる、ちょー優しく
 ベッドの布、片手で引っ張ったら
 優しくてもとまるでしょ

□フェイシャル特別(筋肉に触れる)
 は、骨格矯正と同じ 顔の中心に立てるように

・顔が潰れてると顎のラインの上が抉れる
 →顎のラインの後ろから
  前側を膨らますイメージ
・口角と頬骨の下
・これで寄った部分の内側を
 もっと中心に高さが出るようにに寄せる
 +、咬筋リリース
・小鼻は寄せて、鼻筋は立てる
 +咬筋リリースはkeep
・小指を眉に沿わせて回す感じで前頭筋側頭筋を開く
 斜め上を見るともっと回転できるから最大まで
 こめかみ(意外と上の方)とエラ下でリリース
 手が小さい人は届くとこまで

□骨格矯正(骨と筋肉のつなぎ目に触れる)
 
・顎とエラをつまむ
 円の4分の1くらいの丸さをイメージ
 でも、球体になるイメージ優位で
・口角と頬骨弓
 ↑ 意識して動かさず
 口角と頬骨が動いたらついてくイメージ
・頬骨の頂点の外+咬筋リリース
・唇の片側の真ん中+下眼窩の中心
・唇の片側の真ん中+小鼻小さく鼻筋たてて+目頭
・プリーズライトの位置 鼻の中心もさわる
・目頭の下の窪みは奥に出して
 目頭辺りの鼻筋は出す
・眉に指6本 
 3指で眉終わりの出っ張りに触れる
 前頭骨と側頭骨のつなぎ目が潰れてるから
 前に出したい
 →眼窩の下なら引っ掛けて前に出す
 →眉毛の位置なら包むだけ
・頬骨弓と目尻側の眼窩
 挟んで高さをだす
・頬骨下の引っ掛けるところから指1本内側
 +目頭側眼窩で挟む
・半顔全部包む

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

もくじ
閉じる